大阪市の小6男女が遭難後発見!二人はその後付き合う?恋や熱愛に? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

大阪市の小6男女が遭難後発見!二人はその後付き合う?恋や熱愛に?

siga1

大阪市の小学6年生二人が、

滋賀県の赤坂山で遭難する事件が起こりましたが、

2013年5月28日の午前11時55分ごろ、無事に発見されたそうです。

事件の詳細について調べてみました。

 

 

 

5月27日に、私立城星学園小学校の6年生80人と担当の先生やガイド9人が、

滋賀県の赤坂山の登山に出発したそうですが、

正午の点呼で男女二人がいなくなっていることが判明しました。

 

その後二人の捜索のために滋賀と福井の両県警、

自衛隊、山岳関係者らが出動し、付近は大騒ぎになったそうです。

 

のどかな田舎町だったそうですが、ヘリが4台出動するなど、

普段は無い光景に近くに住む人々はかなり驚いたそうですね。

siga

 

 

 

その後二人は28日の午前11時55分ごろに、

自力で下山してきた所を警察に保護されたそうです

 

二人はすぐに病院に搬送されたそうですが、

大きな怪我などは無く、捻挫などの軽い怪我だけで元気とのこと。

 

遭難した経緯ですが、当初列の最後尾を歩いていた4人がわき道にそれ、

その内2人は列に戻りますが、2人はそのまま脇道をそれて道に迷ってしまったそうです。

 

そしてそのままもと来た場所に戻れなくなり、

27日の夜にはビニールシートを敷いて、

二人で身を寄せ合って寒さをしのいだとの事。

 

またバッグに入っていたおにぎりや

チョコレートなどを食べて、飢えをしのいだそうです

 

28日の朝になり視界が開けると、建物を目安に

自力で下山することが出来たみたいですね。

 

 

 

あたかくなってきたから良かったものの、

真冬であれば死んでもおかしくなかった事件です。

 

今後は教師やガイドが最後尾を歩くなどして、

対策にあたると学校側は発表しています。

 

 

 

それにしても、事件の深刻さも大きく報道されていますが、

微妙な年齢の小6男女が二人で遭難して、一夜を明かすと言うドラマチックな展開に、

ネット上ではいろんな噂がされているみたいです。

 

深刻な事件の後で確かに不謹慎ですが、

その後二人に何か芽生えるんじゃないかと気になってきますよね。

 

寒さをしのいでいるときに、

二人がどんな会話をしていたのかなど、

どうしても気になってしまいます。

 

ネット上の意見などを集めてみました。

・不謹慎ですが小6男女遭難→生還のニュースが気になって仕事が手につきません。

・なんか題がおかしくないか? 小6男女、身を寄せ合いお互いの温もり感じ…赤坂で一夜過ごす

・「遭難 小6男女 歩いて帰還」ってニュース見てブチギレてる

・小6、2名の遭難。 無事に見つかって良かった。

・ホント、無事だったからこそ冗談言えるのが嬉しいから言っちゃうけど、やっぱりこれから特別な存在になるよね…小6ていうのが絶妙な年齢だよね。

 

 

 

微妙な年代なので、その後学校とかで

噂されたりしてしまいそうで心配です。

 

またドラマチックに報道されているだけに、

他の小学6年生とかも真似してしまいそうで心配ですね。

 

学校水浸し事件などのように、

連鎖してしまわないと良いんですが。

 

これから遠足や登山の季節になってくる所が多いと思いますが、

十分気をつけて欲しいと思います。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » ニュース » 大阪市の小6男女が遭難後発見!二人はその後付き合う?恋や熱愛に?