飯塚翔太がひき逃げ?静岡国際で20.21!ゴールデングランプリ東京は? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

飯塚翔太がひき逃げ?静岡国際で20.21!ゴールデングランプリ東京は?

陸上短距離の飯塚翔太選手が、

静岡国際陸上競技大会で、

200mを20.21の高記録で優勝しました。

これは今期世界最高記録の、素晴らしい記録です。

動画や詳細について調べてみました。

 

 

好記録が生まれたのは、5月3日に行われた、

静岡国際陸上競技大会の200m決勝です。

 

動画はこちら。

 

 

 

 

記録は追い風1.4mで、20.21と言う

今季世界最高の素晴らしい記録でした。

 

もちろん飯塚翔太選手が持つ、

自身の20.45と言う自己ベストを、大幅に更新しています。

 

 

 

男子の短距離界といえば、先日行われた織田記念陸上で、

高校生の桐生祥秀選手が、100mで10.01と言う記録を出したばかり

 

 

今回の飯塚選手の記録も、

これに触発されたものかもしれませんね。

 

織田記念や静岡国際派は、日本人選手の大会でしたが、

5月5日に行われるゴールデングランプリ東京では、

100m9秒台の自己ベストを持つ選手や、

200mを20秒2以下で走る外国人の選手も登場してきます。

 

良い具合に触発されて、高記録を出してくれると良いんですけどね。

 

 

 

ちなみに200mの日本記録は下記の通り。

 

タイム 名前 日付

1:20秒03 末續慎吾 2003年6月7日

2:20秒16 伊東浩司 1998年10月2日

3:20秒21 飯塚翔太 2013年5月3日

4:20秒22 高平慎士 2009年6月26日

5:20秒29 大前祐介 2001年6月30日

6:20秒35 塚原直貴 2006年5月21日

橋元晃志 2013年5月3日

8:20秒38 藤光謙司 2010年6月5日

9:20秒39 朝原宣治 1997年7月13日

10:20秒42 齋藤仁志 2009年6月26日

高瀬慧 2012年6月10日

 

 

 

末次選手が世界選手権で銅メダルをとったときの記録が、

頭一つ抜けていますが、飯塚翔太選手もまだまだ若いですし、

同世代にライバルがたくさん出てきているので、

これからの記録の伸びには大きく期待出来そうです。

 

 

桐生祥秀選手、山縣亮太選手、飯塚翔太選手辺りは、

これからの短距離界の中心となってくれそうですね

 

日本人が長い間切れなかった、

100m9秒台、200m19秒台の壁を破ってくれる選手が、

この世代に固まっているかもしれません。

 

 

ちなみに「ひき逃げ」とは、

飯塚翔太選手と同姓同名の高校生が、

ひき逃げされて死亡された事件の事のようです。

 

陸上の飯塚翔太選手とは関係がありませんので、

ご了承ください。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » スポーツ » 飯塚翔太がひき逃げ?静岡国際で20.21!ゴールデングランプリ東京は?