山口組系元組長・浜崎勝次と宮城吉英の事件!2005年4月のファミレスで! | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

山口組系元組長・浜崎勝次と宮城吉英の事件!2005年4月のファミレスで!

山口組系元組長・浜崎勝次と宮城吉英の死刑が、

2013年4月26日の午前中に執行されたそうです。

彼らの起こした事件の詳細について調べてみました。

 

 

山口組系元組長・浜崎勝次と、

山口組の元組員・宮城吉英は、

敵対する暴力団組員のA(当時45歳)とB(当時39歳)が、

千葉県市原市内にあるファミレス(ジョナサン五井店)に客としてきていた所を、

仲間ら3人と乱入し拳銃で撃ったのだそうです。

 

撃たれた二人はその場で死亡。

 

またこの時店内には、一般客17人と店員5人がおり、

幸いにも誰にも怪我は出なかったそうですが、

拳銃の弾が客席のテーブルなどに被弾するなどし、

店内はパニックに陥ったそうです。

 

 

 

犯行の動機としては、

平成16年4月に宮城吉英が殺害事件を起こしていたそうなのですが、

殺害された日野弥寿広組長が所属する暴力団から、

慰謝料を請求されていたそうです。

 

宮城吉英はここで慰謝料を払えば、

面子が潰れると思い、犯行を決意したそうです。

 

 

 

この事件の後、

平成17年12月12日に千葉地方裁判所は

「一般市民に対する危険を顧みず殺害に至った」

として宮城吉英に死刑判決が下されます。

 

宮城吉英は控訴をしていましたが、

平成18年10月5日に東京高裁で、宮城吉英の控訴を棄却。

 

さらに平成21年6月15日に最高裁で上告を棄却し、

宮城吉英に死刑が確定されます。

 

 

また、共犯の浜崎勝次は逃走していましたが、

平成19年3月に水戸市内で逮捕され、

10月26日千葉地方裁判所で死刑判決が下されました。

 

浜崎勝次も控訴をしていましたが、

平成20年9月26日、東京高裁は控訴を棄却。

 

平成23年12月15日最高裁は

浜崎の上告を棄却して死刑が確定しました。

 

 

そして平成25年4月26日に、死刑執行という事になりました。

 

日本での死刑は絞首と決められており、

床板が外れて落下する仕組みになっているそうです。

 

そのときの衝撃で延髄損傷・頸骨骨折がおき、

死亡するそうなのですが、この時身長が30cmほど

伸びるという説があるのだとか(お~コワ)

 

死刑の際の様子については、

立ち会った人も少なく、詳細は不明だそうです。

 

 

事件のあった千葉県市原市の五井近辺は、

元々暴力団などが多く、治安はあまりよくなかったそうです。

 

ただしその中でも、当時はかなり衝撃的な事件だったそうですね。

 

当時あったジョナサン五井店は、今は無いそうです。

 

 

 

一般市民も銃弾に巻き込まれていた可能性があるだけに、ゾッとする事件ですね。

二度とこのようなことは、起こって欲しくないと思います。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » ニュース » 山口組系元組長・浜崎勝次と宮城吉英の事件!2005年4月のファミレスで!