全日本大学駅伝2013の日程や区間エントリー速報!優勝予想はどこ? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

全日本大学駅伝2013の日程や区間エントリー速報!優勝予想はどこ?

zenni

10月に行われた出雲駅伝に続き、

大学三大駅伝の2つ目である

「全日本大学駅伝」が11月に行われます。

今年はどのチームが優勝するんでしょうか?

日程や区間エントリーなどについて調べてみました。

※区間エントリー発表されました。下記に追記

※結果速報はこちらをどうぞ。

 

 

全日本大学駅伝2013の日程や区間エントリー速報について

 

日程は以下のようになっています。

開催日:2013年11月3日 午前8時05分スタート

場所:愛知県名古屋市熱田神宮前~伊勢神宮内宮宇治橋前

出場校:26校

テレビ放送:テレビ朝日 7時~13時40分

zenni1

 

出場校については、今年は26校となっています。

1 駒澤大学 関東 18大会連続20回目
2 東洋大学 関東 6大会連続21回目
3 早稲田大学 関東 7大会連続19回目
4 日本体育大学 関東 4大会連続36回目
5 明治大学 関東 6大会連続7回目
6 日本大学 関東 15大会連続37回目
7 札幌学院大学 北海道 10大会連続22回目
8 東北大学 東北 4大会ぶり8回目
9 山梨学院大学 関東 2大会連続26回目
10 法政大学 関東 8大会ぶり9回目
11 青山学院大学 関東 2大会ぶり3回目
12 中央学院大学 関東 4大会ぶり7回目
13 帝京大学 関東 4大会連続7回目
14 大東文化大学 関東 6大会ぶり38回目
15 順天堂大学 関東 6大会ぶり19回目
16 新潟大学 北信越 3大会連続9回目
17 中京大学 東海 6大会連続34回目
18 岐阜経済大学 東海 初出場
19 京都産業大学 関西 2大会ぶり41回目
20 関西学院大学 関西 3大会連続5回目
21 立命館大学 関西 13大会連続25回目
22 大阪経済大学 関西 2大会連続19回目
23 広島大学 中国四国 7大会連続11回目
24 第一工業大学 九州 19大会連続19回目
25 日本文理大学 九州 8大会連続8回目
26 東海学連選抜 東海学連 オープン参加

 

区間エントリー速報についてですが、各大学からは、

2013年11月2日(土)12時30分~13時00分までに、

区間エントリーを提出するよう決められているようですね。

 

提出後にエントリーが発表され次第、下記に追記したいと思います。↓

※区間エントリー発表されました(画像クリックで拡大)

zennnihon1 zennnihon2

 

駒大は出雲で快走した1区中村がここでも1区に。

2区はなんと1年生の西山です。

後は順当に4区に村山、8区に窪田がエントリーしています。

 

東洋は1区と8区に設楽兄弟、2区に服部勇馬がエントリー。

アンカーまでに30秒差であれば、優勝も可能ですね。

 

早稲田は大迫が2区です。4区や8区が濃厚と思いましたが、

2区は作戦かそれとも調子が悪いのか?

順当にいけば2区で早稲田がトップを走る事になりそうですね。

 

日体大は4区服部と8区矢野の活躍で、

後半の追い上げに期待がかかります。

 

 

優勝予想はどこのチーム?

 

2013年の優勝候補や戦力予想などをしてみました。

zenni2

 

 

 ・駒澤大学

過去10回の大会で6度優勝している、駒澤大学が今年も優勝候補の本命。

先日行われた出雲では1区から先頭を譲らず、

苦手としていたこの大会で15年ぶりの優勝を勝ち取っています。

毎年距離の短い出雲で負けていましたが、

今年は上手くスタートダッシュを成功させたようですね。

層も厚く長い距離を得意とする駒澤大学勢は、

全日本大学駅伝ではさらに優勝の可能性を高めそうです。

キャプテン窪田の安定感はもちろん、エース村上謙太も調子がいいみたいです。

鍵を握る主力メンバーはこの当たりでしょうか。

窪田忍 4年 28分24秒37
油布郁人 4年 13分50秒59 
中村匠吾 3年 28分05秒79
村山謙太 3年 28分18秒11

出雲のようにスタートが決まれば、そのまま独走と言う展開もあるかもしれませんね。

あとは1年生がどこで使われるか、と言った所でしょうか。

それにしても駒大は毎年安定したメンバーが揃ってますね。

 

 ・東洋大学

過去にはいずれも上位で安定している東洋大学も、

駒澤大学に匹敵する戦力を備えています。

一番の戦力はやはり10000m27分台の設楽兄弟でしょうか。

出雲では駒沢勢に遅れを取ってしまいましたが、それでも区間上位で走っています。

兄はコニカ、弟はホンダに就職が決まっているみたいですね。

恐らく1区か2区のエース区間に1人、

最終区の最長区間に起用されるのではないでしょうか。

序盤で勢いに乗れるかどうかが、勝負の鍵となりそうです。

また服部勇馬選手と、その弟弾馬選手にも注目が集まります。

設楽啓太 4年 27分51秒54
設楽悠太 4年 27分54秒82
服部勇馬 2年 28分22秒43
服部弾馬 1年 30分07秒79

層の厚さでは駒大に遅れを取りますが、上手く流れに乗れると優勝もありえると思います。

 

・日本体育大学

2013年箱根駅伝優勝の日体大は今年も強力です。

キャプテン服部翔大選手を中心に駅伝に強いメンバーが今年も揃っています。

出雲では早稲田を破り、駒大、東洋大に次ぐ3位と言う成績を収めました。

つなぎの区間もかなりいいタイムで来ていましたね。

今年も団結力や、チームとしての勢いが感じられます。

ただ今回は距離も長くなるので、力の差もその分出易くなるんじゃないかと。

そして20kmのようなブレーキのある距離でない分、

箱根の時よりも難しいかもしれません。

日体大は前回は4位、前々回は13位と言う成績です。

服部翔大 4年 28分22秒79 
矢野圭吾 4年 28分47秒79
山中秀仁 2年 28分26秒03

この3名が恐らく1区、2区、8区に配置されるんじゃないかと。

勢いがあれば、優勝も可能だと思います。

 

 

出雲駅伝と違って、朝早いスタートになります。寝坊しないようにどうぞ。

ただCM多いので、見ているほうはやきもきするかもしれません。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » スポーツ » 全日本大学駅伝2013の日程や区間エントリー速報!優勝予想はどこ?