山口放火事件の飼い犬「オリーブ」が心臓発作!なぜ?原因や理由は? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

山口放火事件の飼い犬「オリーブ」が心臓発作!なぜ?原因や理由は?

ori

2013年7月に起こった山口周南市の放火事件についてですが、

山の中で保見光成容疑者が逮捕された後、

その一分後に飼い犬が亡くなるという事件が起こりました。

偶然にしてはあまりにも出来すぎていますが・・・人智を越えた何かでしょうか?

理由や原因などについて調べてみました。

 

 

 

事件の詳細について

 

山口放火事件において逮捕された保見光成容疑者は、

同じ集落にすむ人々を5人殺害し、その後山の中に逃げ込みました

事件の詳細の記事→http://geinou-hayari.com/2543.html

 

しかしその後警察の捜索により、

自宅から少し離れた山の中で下着姿で発見されたそうです。

 

現在は事情聴取などを受け、刑罰などの判決待ちだと思われます。

yama8

 

この保見光成容疑者は、近所の住民との仲は

あまり良くなかったそうですが、大変な犬好きだったそうです。

 

7~8年ほど前に飼い主募集の張り紙を見て、

ゴールデンレトリーバーを飼い始めたそうで、

名前は「オリーブ」と名づけられていました。

 

保見光成容疑者は犬の散歩を良くしていたそうで、

報道の内容からすると、オリーブは大変かわいがられていたのだと思われます。

 

そのオリーブが、保見光成容疑者が逮捕された1分後に、

心臓発作により亡くなってしまったそうです。

 

あまりにも壮絶なタイミングに、世間からは

「かわいそう」「飼い主が逮捕されたショックなのかな」

という声が上がっています。

 

 

心臓発作の原因や理由は?

 

心臓病や心臓発作で亡くなる犬は、毎年かなりの数がいるようです。

 

ゴールデンレトリバーやミニチュアダックすなど、

心臓発作やてんかんなどの病気を起こしやすいそうですね。

ori1

 

一度心臓病にかかると、そこから改善するのは難しく、

苦しさや病気を和らげる薬を飲む事しか出来ないのだとか。

 

心臓病は主に高齢犬にかかりやすいと言われています。

 

オリーブは7~8歳だと思われますが、犬の中では

高齢の部類に入るので、年齢も原因の一つかもしれません。

 

また生まれつき心臓病にかかりやすい犬もいるそうで、

先天性の心臓病も多いといわれています。

 

なので心臓病で亡くなるのは、特に不思議な事ではないのですが、

飼い主が逮捕された直後という、タイミングは不思議です。

 

単なる偶然でしょうか?

もしくは本当に飼い主が逮捕されたショック?。

 

大切に育てられていれば、そう言うことも起こりうるのかもしれませんね。

 

 

実は心臓病という報道はは嘘?

 

ゴールデンレトリーバーのオリーブのなくなった

タイミングがあまりにも出来すぎているという事で、

病死ではないのではないかという噂もされています。

 

一番考えられているのが、亡くなった村民の関係者による報復です。

 

亡くなった被害者の関係者からしてみれば、

保見光成容疑者の大切にしていた飼い犬に、

報復するというのは考えられなくは無いと思います。

 

亡くなったのが26日の朝と言う事ですが、

世間に報道されたのが29日というのはあまりにも遅すぎますし、

何かしらの情報操作があったのではないかと、

疑いの目が向けられているようですね。

 

真実は分かりませんが、そうでない事を願います。

 

 

 

今回の事件では、飼い犬に罪はないということで、

引き取り手を捜して欲しいと全国から声がかかっていたようです。

が残念ながらこう言う結果になってしまいました。

オリーブは、天国では幸せに暮らして欲しいですね。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » ニュース » 山口放火事件の飼い犬「オリーブ」が心臓発作!なぜ?原因や理由は?