管直人の名誉毀損の理由や内容は?安倍総理のメルマガ記事の全文! | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

管直人の名誉毀損の理由や内容は?安倍総理のメルマガ記事の全文!

kan

2013年7月16日に元総理大臣の衆議院議員である管直人氏が、

安倍総理を名誉毀損で提訴すると言う訴えを起こしました。

なぜこのような行動を起こしたんでしょうか?

その理由などについて調べてみました。

 

 

管直人氏は自身のブログで、

名誉毀損をする事に対し、このように発言しています。

(一部管直人氏のブログ記事より抜粋)

 

今回ネット選挙が解禁されましたが、

参院選挙期間中のネットを使った悪質な名誉棄損行為を

放置できないと考えて提訴しました。

 

訴状にありますように安倍晋三氏は2011年5月20日付のメールマガジンで

「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題する記事を掲載し、

私が何度もネット上で訂正と謝罪を求めたにもかかわらずそれを無視し、

参院選の期間中に入った今日現在に至るまで、ネット上で掲載を続けています

 

内容は全くの虚偽の情報に基づき

私の名誉を著しく傷つける中傷記事であるだけでなく、

民主党と民主党政権に対しマイナスとなるイメージを植え付け、

選挙の公平性をも損なうものです。

 

安倍総理自身が当時すでに総理経験者であり、

虚偽情報に基づいて私に対し総理の辞任まで要求していたことを考えて、

あえて、提訴に踏み切りました。 ご理解下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーここまで

 

 

どうやら安倍総理のメールマガジンに、

民主党の立場を不利にするような発言が書かれていたみたいですね。

 

その内容が嘘であり、

また安倍総理がそれを取り下げなかったため、

今回の訴えを起こしたと言う事のようです。

 

 

 

ちなみに安倍総理の書いたと言う、

メルマガ記事の全文がこちら。

kan1

 

『菅総理の海水注入指示はでっち上げ』

   最終変更日時 2011年5月20日

 

福島第一原発問題で菅首相の唯一の英断と言われている

「3月12日の海水注入の指示。」が、実は全くのでっち上げである事が明らかになりました。

 

複数の関係者の証言によると、事実は次の通りです。

 

12日19時04分に海水注入を開始。

同時に官邸に報告したところ、菅総理が「俺は聞いていない!」と激怒。

官邸から東電への電話で、19時25分海水注入を中断。

実務者、識者の説得で20時20分注入再会。

実際は、東電はマニュアル通り淡水が切れた後、海水を注入しようと考えており、実行した。

 

しかし、 やっと始まった海水注入を止めたのは、何と菅総理その人だったのです。

この事実を糊塗する為最初の注入を『試験注入』として、止めてしまった事をごまかし、

そしてなんと海水注入を菅総理の英断とのウソを側近は新聞・テレビにばらまいたのです。

 

これが真実です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーここまで

 

 

この海水注入事件についてですが、

原発事故が起こった後、炉心冷却のため

「海水注入」を行っていたのですが、

管総理の判断で一時ストップする事になりました。

 

当初は海水注入が爆発の危険性があるという理由で、

ストップする事になりましたが、

実際は危険性は無く、海水注入をストップするべきではなかったとの事。

 

逆にストップしていた55分間は、

炉心に対して相当悪い状態が続き、

放射能飛散の可能性を高めてし合ったとの事でした。

 

これが当時は「人災」ならぬ「菅災」として話題になっていました。

「僕は原発にものすごく詳しい」と言っていた管総理だけに、

批判も相当あったようですね。

 

 

 

今回の名誉毀損は、この事実が全くの嘘だったとして、

安倍総理を名誉毀損で訴えると言う事だそうです。

 

安倍総理は訴えを認め、記事を削除するんでしょうか?

今後の安倍総理の対応が気になるところです。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » ニュース » 管直人の名誉毀損の理由や内容は?安倍総理のメルマガ記事の全文!