ジンベエザメの最高速度は時速400キロ!泳ぐスピード速すぎて危険? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

ジンベエザメの最高速度は時速400キロ!泳ぐスピード速すぎて危険?

先日放送された日本くぎ付け大学2で、

ジンベエザメの泳ぐ速度が時速400キロだと言う話が出てきました。

 

ジンベエザメといえば、約6000万年前から地球に存在していると言われている、

サメの中で最大の大きさを誇る生き物で、

大きいものだと13.7mと言う大きさのものが確認されているようです。

 

世界中の熱帯・亜熱帯・温帯に生息しているようで、

基本的にはプランクトンなどの小さい生物を餌としている為、

人に危害を加える事は無いようですね。

 

普段は時速5kmでゆったりと泳いでいるみたいですが、

日本くぎ付け大学では、獲物を食べる時に出す最高速度は400kmだと言う話が出ていました。

本当に時速400キロで泳ぐんでしょうか?

新幹線のぞみが時速300kmで走るので、ジンベエザメの速度はそれ以上ということになります。

 

調べてみた所、確かにジンベエザメは時速400kmで泳ぐと言う話があるみたいです。

しかしどうやらジンベエザメの時速400kmと言う速度の話は、

あくまでも通常の魚の体の大きさと速度の比率を、

ジンベエザメの体格に当てはめた計算上の話のようで、

400km出せるのではないか?と言う空想上の話だそうですね。

実際に400kmで泳いでいる所を、確認されたわけではないみたいです。

 

ちなみに他の魚類の遊泳速度ランキングを調べてみました。

 

10位:ターポン(時速56km)

きらきらしていてきれいな魚です。速いなんて意外ですね。

 

9位:ツクシトビウオ(時速56km)

ちょうちょみたいな魚ですね。かなりすばしっこそうです。

 

8位:メカジキ(時速64km)

カジキが一番速いと言われていますよね。それでも64kmです。

 

7位:ボーンフィッシュ(時速64km)

目が不気味、、追いかけられたら絶対怖いですね。

 

6位:ヨシキリザメ(時速69km)

ついにサメが出ました。シャープで速そう!!

 

5位:クロマグロ(時速70km)

止まると死んでしまうというマグロ。値段も速度もすごいです。

 

4位:ソーダガツオ(時速74km)

カツオがランクインしています。身が締まっていそうです。

 

3位:カマスサワラ(時速78km)

長い・・・見た目で速いのが分かります。

 

2位:マカジキ・クロカジキ(時速80km)

やはりカジキがきました。その鼻は速くなるために進化したもの??

 

1位:バショウカジキ(時速110km)

1位はダントツの110km!トサカがすごい事になっています。まさに速くなるために進化した体!と言う感じがしますね。

動画を見つけました。

 

こうして見ると、速い動物は陸でも海でも、抵抗の少ないシャープな体型をしています。

根本的なところはきっと同じなんでしょうね。

そう考えるとジンベエザメは、、ボブサップみたいな感じでしょうか?

ボブサップもパンチのスピードは速そうですが、足は遅そうです。。

時速400kmと言う速度は、遊泳速度じゃない、別な部分でだしそうです。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » ニュース » ジンベエザメの最高速度は時速400キロ!泳ぐスピード速すぎて危険?