36代木村庄之助が引退!年収や退職金は?次期37代は朝青龍? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

36代木村庄之助が引退!年収や退職金は?次期37代は朝青龍?

kimu

第36代木村庄之助さんが

引退を発表したそうです。

気になる年収や退職金、

37代の人物について調べてみました。

 

 

木村庄之助と言う名前は、大相撲の

立行司と言う役割をさる人が名乗る名前です。

 

立行司とは、写真を見ると分かると思いますが、

「はっけよい、のこった!」と言う人のことですね。

 

1964年から立行司を続けていた第36代木村庄之助さんは、

49年の相撲人生に別れを告げる事になりました。

 

これについて本人は

「好きな相撲の社会と別れるのは寂しい。短かった気がする」

と名残惜しさを感じさせるコメントをされています。

 

長く行司を続けるコツは、

1日1万歩を歩き体力づくりに励んだこと、

力士にぶつからないように逃げる事なんだそうです。

 

体調管理にはものすごく気を使われていたみたいですね。

 

 

 

気になる年収や退職金ですが、

行司と言う職業は定員が45名だそうですが、

それぞれ位や実力によって、

立場や給料が異なってくるそうです。

 

木村庄之助さんの立行司は

その中でも最も位の高いものなので、

行司の中でも一番高い年収だと思われます。

 

行司の給料は80万円を筆頭に、

8段階に分かれているそうで、

平均して40~50万円くらいなのだとか。

 

それに手当てなども付けば、立行司の木村庄之助さんは

月に90万~100万くらいの給料をもらっていたと思われます

 

年収に直すと1000万~1200万程度ではないでしょうか?

そこそこいい生活をされていたのだと思います。

 

 

 

退職金ですが、昔勤続58年の立行司さんで、

1200万円もらっていたそうです

 

今は昔に比べて相撲業界の給料が

引き上げられているそうなので、

木村庄之助さんもそれくらいか、

もっと多くもらえているかもしれません。

 

ちなみに参考までに、

朝青龍などの横綱の年収は4551万円が基本だそうで、

これに懸賞金や報奨金が付いて

1億円を超えるくらいになるそうです。

kimu2

 

テレビ出演などをすればもっともらっていると思います。

 

野球選手の年俸数億と言う

数字に比べると、少々見劣りしますが。

 

大リーグのイチロー選手は、

2011年の年収が20億1000万円で、

これに加えてテレビやCMなどの

ギャラが5億円以上あったそうです。

 

普通のサラリーマンから見れば、想像できない数字ですよね。

 

 

 

37代の木村庄之助襲名ですが、

襲名の条件は、式守伊之助を経て、

現木村庄之助が引退して空位になる事が条件とされています。

 

現在、37代庄之助になるであろうと言われている、

第39代式守伊之助は、本名畠山三郎さんと言う方です。

kimu1

 

正式発表はされていませんが、畠山三郎さんの襲名が濃厚と言われています。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » スポーツ » 36代木村庄之助が引退!年収や退職金は?次期37代は朝青龍?