失顔症とは相貌失認?プラッド・ピットとアンジェリーナが発症か? | 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

<スポンサードリンク>

失顔症とは相貌失認?プラッド・ピットとアンジェリーナが発症か?

bu2

俳優のプラッド・ピットが、

自らを失顔症だと告白していました。

失顔症とはどんな病気なんでしょうか?

調べてみました。

 

 

失顔症とは、正式名称を相貌失認(そうぼうしつにん)と言い、

脳障害の一つにあたる病気です。

 

症状は、

親しい友人などの顔が認識できない、

会った事のある人の顔を覚えられない

と言った症状があるそうですね。

 

失顔症の人は、相手の

目や鼻などの顔のパーツは認識できても、

それ全体を一つの顔として認識できないので、

その人自身の顔を覚えられないのだそうです。

 

原因は頭をに強いショックを受けたときに、

この障害は発生しやすいそうで、

戦争経験者などにこの症状が発祥する事が多いと言われています

 

 

 

俳優のブラッドピットもこの症状があるそうで、

共演した俳優さんなどの名前を覚えられずに、

相手を怒らせてしまい、トラブルになったことが度々あるのだとか。

bu

 

本人は

「僕はまわりからとても嫌われていると思っている。

それは僕が彼らに対して、とても失礼な事をしていると思っているからなんだ」

とコメントしています。

 

失顔症のせいもあってか、

ブラッドピットには友人と呼べる人が数えるほどしかいないとの事。

 

また人に会うと相手を傷つけてしまうのではないかと

心配してしまうそうで、一人でいるほうが気楽なのだそうです。

 

 

 

失顔症の原因ですが、若い頃に吸いすぎた麻薬などの、

薬物中毒が原因だと言われています

 

一時期は、ソファにごろごろしながら

麻薬を吸い続ける日々だったのだとか。

 

当時は自分の栄光を受け入れることが出来ず、

鬱になり麻薬を吸い続けていたそうです。

 

失顔症は、その後遺症だと言われています。

 

自業自得と言えば自業自得なのですが、

今の状況だけ見るとかわいそうな気もしますね。

 

 

 

ちなみにブラッド・ピットは昔、

ボクシング世界チャンピオンのマイク・タイソンの

元妻と寝ている所を、タイソンに目撃されたことがあるそうです。

 

その女性はタイソンとはすでに分かれていたそうですが、

体の関係は続いていたみたいで、その日たまたま家に寄ったところ、

丁度ブラッドピットと寝ていた所だったのだとか。

 

結局タイソンは何もせずにその場を去ったそうですが、

その時のブラッドピットはものすごい顔をしていたそうです。

 

 

 

若い頃からヤンチャは続いていたみたいですが、

それが原因でいろいろとトラブルもあったみたいですね。

 

ちなみに現妻のアンジェリーナジョリーが、

乳房の切除などで話題になっていましたが、

彼女も仕事や家族一筋で、友達はあまりいないそうです。

bu1

 

なので二人はお似合いのカップルだと言われています。

<スポンサードリンク>

関連記事

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】

この記事へのコメント

今日の芸能ニュース速報【画像・動画あり】 TOP » ニュース » 失顔症とは相貌失認?プラッド・ピットとアンジェリーナが発症か?